▼ MENU

O脚、X脚の改善のヒント!

投稿日: 2014年11月10日  | カテゴリ: 姿勢

 O脚、X脚でお悩みの方、必見です。改善の可能性と治療方法がわかって、コンプレックスから開放されたら嬉しくないですか?

 O脚、X脚は膝の関節の状態が原因の場合があります。小児時代は関節が形成途中で構造的に0歳から2歳まではO脚、2歳から4歳までがX脚となり、これは、異常ではありません。成長と共に大腿脛骨角(大腿骨と脛骨の角度)が変化してきます。これを知らずに小児時代にO脚、X脚を小児整体で矯正をしてしまうと正常に関節の形成が出来なくなってしまうリスクが増します。

ご自身でO脚、X脚を確認する方法は、「かかとをつけて足を60°に開いた状態で膝が5cm以上離れるとO脚」、「膝をつけて足首が5cm以上はなれるとX脚」と一般的に言われています。

O脚の原因として、骨盤が下がる事によってO脚になっている場合が数多くみられます。 特に女性は踵の高いパンプスやハイヒールを履くことによりつま先体重となりそれを補正するため、お尻が下がり、膝が前に出てO脚となり、ポッコリお腹の原因にもなってしまします。

 X脚の原因としては、女の子座り(ぺたん座り)で大腿骨が内転(内股)することにより膝が内側を向いてしまい、X脚となっているケースが多く見られます。X脚に関しは、膝への負担が大きいため膝の痛みの原因となる場合もあります。

 普段、何気にしている生活習慣や癖が、O脚、X脚の原因となっている場合がほとんどです。O脚、X脚でお悩みの方、ご自身の姿勢分析で身体の全体の歪みをチェックし、O脚、X脚の改善を目指しましょう。そして身体の歪みを改善し、O脚、X脚だけでなく、肩こり、腰痛知らずで、疲れにくい身体を目指しましょう。

KCSセンターでは、施術だけでなく姿勢に関する基礎知識をつけていただくために、予約制ですが無料健康相談も提供させていただいております。お気軽にご利用ください。


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分