▼ MENU

骨盤が開くって

投稿日: 2015年1月20日  | カテゴリ: 骨盤矯正

『骨盤が開く』という言葉を耳にされる方も多いのでは無いでしょうか?

 

 女性の骨盤は、男性と比べると横に広く、高さも低くなっています。そして出産する際の産道となる骨盤上口が横長の楕円となっています。

  この骨盤形状の特徴と女性ホルモンの影響により周期的に靭帯が緩む事で開いたり、靭帯が収縮することで戻ったりを繰り返します。一般的に開いている状態は、靭帯が緩んでいる時期の状態と言われています。 

  そのため、骨盤が女性ホルモンの分泌で緩んだ後、姿勢に歪みがあるともとに戻りにくくなり、骨盤が歪むリスクが高くなります。

 

  あなたは、以下の10項目でいくつ当てはまりますか?

 ・ 座るときはいつも足を組む。足を組まないと座れない。

 ・ 内股歩きになる。片足だけ内股が酷い。

 ・ 歩く時、どちらか片方の足を前に出しにくい、股関節に痛みがある。

 ・ 生理痛が酷い、生理不順である。

 ・ いつも片側の肩にバッグをかけている。反対側にかけると違和感がある。

 ・ 仰向けで寝られない。

 ・ よくソファーでうたた寝をして気がついたら朝になっている。

 ・ 身体が歪んでいると言われたことがある。

 ・ 腰痛、肩こりで悩んでいる。

 ・ 偏頭痛で悩んでいる。


  これら全ては『姿勢の歪み』に関連するチェックポイントです。そして、皆さんの睡眠姿勢も『姿勢の歪み』に影響する事を心に留めておいてください。


  では何故、骨盤は歪むのでしょうか? それはズバリ、生活習慣の癖で姿勢バランスを崩しているからです。


  本来、骨盤は歩くことで歪みを戻していますが、何らかの原因で歪みが戻らなくなった時に痛みが出ることがあります。


  姿勢バランスを正常に保つ事で、女性ホルモンの影響による周期的な靭帯の緩みがあっても骨盤が歪むリスクは軽減されます。


  港区のKCSセンター六本木では姿勢調整の専門、姿勢調整師が見える画像診断で数値化された歪みを骨盤だけでなく身体全体のバランスを最先端のオールハンドの手技で調整し皆様の健康と美をサポートします。


  ご自身の『姿勢の歪み』、『骨盤の歪み』が気になる方は一度ご自身の姿勢を眼で見る画像診断でチェックされることをお勧めします。

無料相談も大歓迎です。 まずは、お電話にてお問合せ下さい。


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分