▼ MENU

腰痛対策にはマットレスにも気を配りましょう!

投稿日: 2014年9月16日  | カテゴリ: 腰痛

姿勢は夜つくられると言われている事をご存知ですか?


皆さんが睡眠をとっている間、筋肉も休む時間があります。

そして筋肉が目覚めたとき、それが、皆様の姿勢となります。

起きている時は、常に筋肉は働いて、

筋肉が骨の形を支配し、

皆さんの姿勢を作っています。

 

筋肉が休む時、

それは、皆さんが睡眠を取っている間だけなのです。


そのため、睡眠環境が非常に重要になります。

柔らか過ぎず、適度な硬さと厚みが必要になります。


なんとなく理解していただけますか?


柔らかいマットレスは、体の一番思い骨盤部が沈み込み、

寝ている間にランバーフラットと呼ばれる、腰椎の大切な前弯カーブが失われ

どんどん腰に負担がかかる姿勢が形成されてしまうのです。

 

人間が健康な生活を送るには、

生理的曲といわれる横から見るとS字のカーブがとても大切になってきます。


この生理的は、日常生活で骨、椎間板、筋肉へかかる負担を軽減する役割があります。


そして、この生理的がなくなると

腰や首への負担がとても大きくなり痛みや神経圧迫の原因となるのです。


理想的な生理的のある人と比べると負担が最大で10倍になるとも言われています。


低反発素材のマットレスを使っているといわれる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

最近では高反発素材のマットレスも世の中に浸透して来ています。


姿勢科学の分野ではやわらかいマットは、あまり推奨できない素材です。

それは、

姿勢を悪くし、

回復させるサポートが出来ないからです。


腰痛の方は、特に睡眠環境に気を配って頂き痛みの無い体作りを目指していただきたいです。

港区のKCSセンター六本木では、皆様のお体の状態に合わせた生活環境の改善のアドバイスもさせて頂いています。


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分