▼ MENU

肩こりと頭痛

投稿日: 2014年10月9日  | カテゴリ: 肩こり

 4人に1人が頭痛で悩んでいると言われています

  原因のある症候性頭痛と片頭痛や筋緊張型頭痛の機能性頭痛があるといわれています。

  症候性頭痛は私達、姿勢科学分野の専門ではありませんので専門医に頼るしかありません。

  頭痛で悩まれている方でも多くの方が、後者の機能性頭痛で悩まれているのではないでしょうか。姿勢による筋緊張や頚椎の歪みによる左右の脳への血流のアンバランスによる片頭痛の場合もあります。

   姿勢の歪みから肩こり、頭痛へと発展してしまう場合もあります。姿勢科学分野に着目した場合、姿勢の歪みにより筋緊張がアンバランスとなることが肩こりの原因になっていることがあります。この場合、筋肉は必死になって身体全体のバランスを保とうとして肩の筋肉が緊張し、拮抗する筋肉も緊張しているのでが、肩こり解消にためにマッサージや整体に行って肩こりだけを解してもらっている方も少なくないと思います。拮抗する筋肉の緊張が取れていないと、バランスをとるために直ぐに肩の筋肉が緊張し肩こり再発となるのです。

   ここで、少し考えてみてください。姿勢の歪みが原因で肩こりになっている場合は、姿勢の歪みを正すことが根本的に改善させる唯一の方法だとは思いませんでしょうか?

   根本的な原因を取り除かずに、一時的に対処するマッサージでは肩こりが慢性化してしまう可能性があると思いませんか。そして頭痛へと発展している方も少なくないと思いますが、如何でしょうか?

   そして、頭痛の痛みを取るために頻繁に鎮痛剤を服用されている方もいらっしゃると思います。

   月に10日以上、市販の鎮痛剤を服用している人は危険だということ、ご存知でしたでしょうか。この状態で3ヶ月以上服用を続けると薬物乱用頭痛になるとされているそうです。気をつけてください!

 姿勢を改善させることにより頚椎の歪みを正し、頭痛が和らいだ、感じなくなったと言う方もたくさんいらっしゃいます。

 たかが姿勢、されど姿勢です。今、姿勢が悪くても生活に支障はないかもしれませんが、姿勢が悪い方は、将来、体調不良となるリスクを抱えていると認識していただきたいです。症状が出る前に予防という考えのもとで今日から少しでもかまいません。ご自身の姿勢に関心をもってください。そしていつまでも元気に過ごしていただければと思います。


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分