▼ MENU

激痛!我慢できないギックリ腰

投稿日: 2016年12月27日  | カテゴリ: 腰痛

ギックリ腰で困っている方、必見! 

その痛みの原因と再発しない方法がわかって、痛みからどこよりも早く解放されます。

 

 ギックリ腰は、腰部の軟部組織である靭帯や筋肉が損傷し、炎症を起こすことで激痛が走り動けなくなります。

 病院等での軟部組織の炎症を抑える処置では1週間から10日間程安静にしていないといけないために仕事もできず困っている方も多いと思います。

 では何故、軟部組織が炎症を起こすほどの損傷を受けてしますのでしょうか? 

 

ギックリ腰を経験された方の多くは前かがみの姿勢で振り向いた瞬間に激痛が走るケースが多いかと思います。

 

「前かがみ」=「腰椎の前弯カーブが無くなる」=「腰椎の関節が不安定な状態」で身体を回旋させることで軟部組織が損傷しやすくなるためです。

 

 痛みを感じてから軟部組織の炎症が酷くなる前に対処することで比較的早く痛みから解放され普段の生活に戻ることが出来るのです。

しかし、激痛で動く事も出来ず、ほとんどの方は、シップによる対処方法で痛みを抑える事しかできないため普段の生活に戻れるのに時間がかかっているのが現状ではないでしょうか。

 

 何度もギックリ腰を繰り返す方の多くは、ランバーフラットと呼ばれる状態、つまり、腰椎の前弯カーブが少なくなっていたり、全く無くなっていたりします。

 

 この様な方は、腰椎の前弯カーブを取り戻す事ができれば、関節構造的にも腰椎の椎間関節が安定し再発のリスクも大きく減少します。

 ギックリ腰でお悩みの方には姿勢の改善をお勧めします。

 腰痛知らずの身体を目指しましょう。

   KCSセンター六本木は、「姿勢改善」で皆様のお悩みを解消するお手伝いをさせて頂きます。

 

 また、痛みが酷い方には遠赤外線と磁力放射を同時に行う特別なシップによる激痛対策をご希望の方にだけ提供もさせていただいております。

 

 ギックリ腰でお困りの方で、二度と同じ痛みを経験したくないとお考えの方、

 まずはご連絡ください。無料相談も受付ております。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 03-6459-1491

 予防で再発防止、健康生活!


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分