▼ MENU

慢性腰痛でお悩みの方、気を付けてください!

投稿日: 2017年2月7日  | カテゴリ: 腰痛

本気で慢性腰痛を改善させたいとお考えの方、この先をお読みください。

 

日本国民の2大自覚症状の一つ、それが「腰痛」です。

日本腰痛診療ガイドライン 2012で「腰痛」の85%が原因不明といわれています。

そして、認知行動療法が腰痛治療に効果的と報告されています。

 

KCSセンターで提供させて頂いている姿勢調整は、姿勢科学という学問に基づいて、構造的トラブルのある部分を調整することで運動系疾患そのものをなくすことを目的とした施術となります。

 

姿勢の歪みにより腰椎の関節可動が正常にできず軟部組織、筋肉、腱、靭帯が炎症を起こしたり、腰部の神経圧迫が痛みの原因になっていると姿勢科学分野では考えられています。

体の歪みが原因で構造的トラブルが発生している場合、

この歪みを元に戻せば正常な可動域を取り戻すことが出来るという構造学的観点からのアプローチを姿勢調整では行います。

 

慢性腰痛を放置すると、ギックリ腰になりやすくなったり、首や背中への負担も増え、頸部痛、背部痛、そして頭痛に発展する恐れもあります。

腰部の前弯カーブ消失によるバランス作用での頭部前傾姿勢による肩こり、頭痛になっているケースも数多く報告されています。

構造学的観点から、下肢(下半身)は二足歩行する人間にとっての土台となります。 この土台が歪むことで上半身も当然、バランスをとるために歪み、関節が正常に可動しなくなります。

これらの歪みの連鎖が、腰痛、背中の痛み、肩こり、頭痛の原因となっている場合が多くあります。

認知行動療法で、腰を反らせるといった運動は関節の可動を正常に戻すために効果があると考えられます。

しかし、痛みがあるときに運動することはとても不安に感じられる方も多いと思います。 そして体の歪みそのものが元に戻っていない場合、痛みの再発のリスクも高くなります。

KCSセンターでは、姿勢の見える化で、歪みを数値化した分析結果で姿勢調整を行います。 この分析のために、カナダのバイオトニックス社で開発された「カイロプリント」を日本でいち早く導入しています。

姿勢を正しく調整することで、関節可動を正常にし、スムーズに可動する本来の体の動きで疲れの知らない快適な生活を取り戻しましょう。

特に軟部組織に炎症がない場合は、あなたの姿勢に合わせたオーダーメイドの「カイロプリントエクササイズ」で歪んだ姿勢の改善を目指して頂く事をお勧めしています。

 

「慢性腰痛にさようなら」と願う方、今すぐご相談ください。

ご相談、お問い合わせは、麻布、赤坂、虎ノ門エリアからも便利な六本木一丁目駅徒歩1分!

港区のKCSセンター六本木まで

↓↓↓↓↓↓↓↓

☎ 03-6459-1491


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分