▼ MENU

悪い姿勢は、体調不良の潜伏期間!

投稿日: 2015年4月3日  | カテゴリ: 健康

悪い姿勢は、「体調不良の潜伏期間」ってご存知でしたか?

悪い姿勢は、複合的な姿勢の歪みが固定化されている状態です。

 

放置すると様々なリスク要因となります。

 

例えば

  1. 1. 運動域減少によるロコモへのリスク。
  2. 2. 腰痛や肩こり、首の痛みの原因になっている場合。
  3. 3. 背骨の歪みで自律神経系が正常に機能しなくなり、内蔵機能の不調、倦怠感やだるさを感じる。
  4. 4. 背骨の歪みが原因で肋骨の正常な動きが制限され呼吸が浅くなり、体内に十分な酸素が供給されなくなりストレス状態になる場合。


悪い姿勢は、今、問題なくても将来の身体の不調の原因となる可能性もあります。

そして、見た目も悪く、暗く見られ、体内機能の低下、ストレスの蓄積など全くよい事がないですね。


日常生活に支障が出る前から、健康管理の一つとして姿勢を良くする事を心がけましょう。


姿勢に関する相談は、無料で受け付けておりますのでお気軽に

港区のKCSセンター六本木にお問合せください。


健康講座も定期的に開催しております。

お気軽にご相談ください。


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分