▼ MENU

マッサージの罠

投稿日: 2019年1月16日  | カテゴリ: 肩こり

皆さんは、肩こりが酷いとマッサージに行かれる方も多いと思います。

マッサージに後、筋肉が解れて楽になるかもしれませんが暫くするとまた肩こりになってしまう方も多いのではないでしょうか?

何故でしょうか?

姿勢の専門分野、姿勢科学の観点から検証してみましょう!

肩こりは、僧帽筋上部、中部、肩甲挙筋等の肩の周りの筋肉が緊張する事でコリを感じます。

 

では、何故肩のまわりの筋肉が緊張してコリを感じるのでしょうか?

約5㎏の重さの頭を首から肩にかけての筋肉が支えなければならなりません。

スマホ首の様なストレートネックの人の筋肉はかなり頑張って頭を支え続けなくてはなりません。

そこで一生懸命重い頭を支えるために緊張した筋肉をマッサージで緩めると一時的に楽になりますが、

その反面、筋肉が緩んだことにより頭がより前方に傾きやすくなります。

そして、せっかく緩めた首や肩のまわりの筋肉に再び頭を支えるという新たな試練が訪れます。

暫くするとコリが酷くなりまたマッサージで筋肉をほぐし、根本的に問題が解消していないため再び筋肉を緊張させる状態に戻る、と言うように無限ループに陥ってしまいます。


マッサージは筋肉に対する刺激のため常習化し最終的には中毒化してしまう恐れもあります。


肩こりでお悩みの方、鏡でご自身を確認してみてください。

あなたの頭は

・前に傾いていますか?(ストレートネック、スマホ首)

・左右に傾いていますか?(片側の肩に痛むやコリがある)

 

上記に当てはまる方、姿勢の歪みが原因の可能性があります。

私達人類は、体全体でバランスを取ろうとしているため、アンバランスを修正した結果が姿勢の歪みになっているのです。

歪みの原因は様々で、過去の捻挫や骨折といったケガ、生活環境や生活習慣が影響しています。


肩こりをなくすには肩こりになる原因を根本的に取り除かなければ、肩こり知らずの生活は実現できません。

 

先ずはご自身の姿勢の歪みを確認する事から始めてみましょう。

 

麻布、赤坂、虎ノ門エリアからも便利な六本木一丁目駅徒歩1分!

お問合せ、相談は 港区のKCSセンター六本木まで

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

☎03-6459-1491

姿勢の専門家、姿勢調整師のお仕事、姿勢科学士を目指す方もサポート致します。


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分