▼ MENU

ジュニア選手の故障予防に正しい姿勢バランス!

投稿日: 2016年9月26日  | カテゴリ: 姿勢

子供の成長と共に骨格も大人と同じ状態に成長していきます。

12歳頃にはほとんど大人と同じ骨格になるのですが、

形成途中の関節もあるので要注意です。

18歳頃に大人と同じ状態になると言われています。

 

形成途中の体表的な関節に股関節があります。

一般的に骨盤といわれる腰部の骨に股関節が形成されます。

骨盤は、左右の寛骨と仙骨でできているのです。

腸骨、座骨、恥骨の3つの骨が融合したものが寛骨と呼ばれ、寛骨が完全に融合する年齢が18歳頃といわれています。

 

下のレントゲン写真をご覧ください。

小児(約1歳)の 股関節は形成途中で股関節が形成されていないことが確認いただけます。

 

ジュニア選手は、骨格形成が完成する前からトレーニングを積み重ねているために故障が非常に多く、運動のし過ぎや不良姿勢による関節、筋肉への過度の負担によるスポーツ障害が問題視されています。

その反面、携帯型ゲームの普及で運動不足による体力・運動能力の低下も深刻な問題となっています。

これらの二極化した現状から2016年4月1日より運動器検診が実施されています。

 

ジュニア選手の故障を未然に防ぐためには、正しい姿勢バランスで筋肉、関節への負担を最小限の状態に維持し、指導者資格のあるトレーナーのもとでトレーニングに励んでいただくことが理想です。

 

全国のKCSセンターに所属する姿勢調整師は、各都道府県の知事認可の協同組合に加盟しており姿勢調整師会として地域の皆様に地域の専門家として正しい姿勢の知識をお伝えしています。

 

皆さんのご子息の健康で健全な活動、ご自身の健康のために正しい姿勢の知識を身に着けたいとお考えの方は、今すぐ全国のKCSセンターにお問合せ下さい。

 

東京都港区のKCSセンター六本木では、近隣の皆様の健康のために、港区の健康づくりサポーターとして活動をしております。

 

・ 運動器検診のチェック方法が分かりにくい。

・ どのように判断すればいいのかわからない。

・ お子さんの姿勢バランスが気になる。

・ お子さんが運動をする時、関節に痛みを訴えている。

・ お子さんの落ち着きが無い、集中力が足りない。

 

といった悩みに、姿勢の専門家としての観点からご説明させていただいております。

ご希望に応じ、姿勢講座、姿勢の勉強会も出張開催させていただいております。

ご希望の方は、

麻布、赤坂、虎ノ門エリアからも便利な六本木一丁目駅徒歩1分!

KCSセンター六本木迄お問い合わせください。

↓↓お問い合わせは↓↓

☎ 03-6459-1491


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分