▼ MENU

「慢性腰痛」、「慢性肩こり」に ご用心!

投稿日: 2015年11月16日  | カテゴリ: 健康

「慢性腰痛」「慢性肩こり」でお悩みの方、原因はあなたの姿勢かもしれません。

 

 

 どこに行っても改善しない慢性痛でお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。

 本気で良くしたいと思う方だけ お読みください。

 

 日本人の自覚症状のトップ2が「腰痛」「肩こり」です。

 「慢性腰痛」に関しては、2012年に日本整形外科学会と日本腰痛学会の監修による「腰痛診療ガイドライン2012」が発行され、このガイドラインによると、なんと85%が原因不明と報告されています。


 

 そして、「肩こり」に関しては、30代~50代女性の8割近くが悩んでいる! と報告されています。

 その中で「専業主婦」の方が「会社員」、「経営者」を抑えて最も肩こりを感じているというリサーチ結果も発表されています。


 

 なにが原因で肩が凝るかについては、「姿勢が悪い」「運動不足」と考えている方も多くいらっしゃいます。

 

 姿勢は一度悪くなったら元に戻せないのでしょうか?

 答えは「NO」

 加齢を理由に、諦めないでください!



 先日も、11歳の少年がギックリ腰になってしまった現場に遭遇しました。

 このように、腰痛、肩こりの若年齢化も問題視されています。

 

 

 稀に、捻挫やケガ、骨折が原因の姿勢バランスの崩れで姿勢が悪化している場合もありますが、


 今の状態を悪化させないための「予防」がとても大切になります。

 

 

 日常の生活習慣姿勢を変化させ、現在の悪い姿勢固定化してしまっているのです。

 

 姿勢を悪化させている「日常の生活習慣」を改善する事で正しい姿勢へと少しずつですが戻す事が可能になります。

 

 悪い姿勢が固定化して、関節が正常に可動しない状態を放置する事でどんどん姿勢は悪くなっていきます。

 この状態でエクササイズや運動をしても正常に可動しない関節はそのままの状態で、更に、負担をかけて状態を悪化させるリスクがとても高くなり、痛みが酷くなることがあります。

 

   KCSセンターで提供させて頂く姿勢調整は、姿勢科学という学問に基づいて、構造的トラブルのある部分を調整することで運動系疾患そのものをなくすための施術となります。

 そして、悪い姿勢の原因といわれている生活習慣による「筋肉のクセ」エクササイズで取り除くことが必要になります。

 歪みは人によって違うため姿勢分析に基づくエクササイズがとても有効であるといわれています。

 

 正常に可動しない関節の構造的トラブルがなくなり正常に可動できる状態に戻ってから、オーダーメイドの姿勢改善エクササイズで姿勢の改善にチャレンジしませんか!


 姿勢の歪による肩こり、頭痛等の体調不良や腰痛、膝痛等の運動系疾患をなくすお手伝いをするのがKCSセンターです。

 

 どこに行っても良くならないとお悩みの方、港区のKCSセンター六本木で姿勢分析に基づいた姿勢調整とエクササイズをお試しください。


 ご質問、お問い合わせはお電話にて。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 03-6459-1491


アーカイブ

2019

最新記事

p-cam.pngcopy-cam.png 詳細はメールまたはお電話にてお問合わせください

オンライン予約はコチラから
オンライン予約はコチラから

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目 7-28
落合麻布台ビル 604号

東京メトロ南北線
「六本木一丁目」駅
中央改札を出て徒歩3分